遺産相続が発生する前に行うべきこと

決め方

遺産相続の準備とは?

遺産相続というのは、発生する前からある程度準備をしておくことで、いざというときに迷わず手続きができるようになります。では、遺産相続が発生する前に行っておくべきこととは何でしょうか。遺産相続前ということは、まだ被相続人が健在であるということなので、相続を行う相続人と、被相続人に分けて紹介させていただきます。被相続人が行っておくべきことは、遺言書の作成です。遺言書を残しておくことで、身内同士の争いを避けることができるでしょう。

もちろん遺言書があっても争いが発生してしまうことはあるのですが、あるのとないのとでは全く結果が変わってきます。最近は遺言書を書かない人が増えているのですが、残された家族のことを思うのであれば、遺言書はきちんと残しておくべきでしょう。遺言書を作成するときには、家族でしっかりと話し合いをする必要があります。そうすることでスムーズに遺産相続ができるようになるのです。では、相続人はどのような対策を行うべきなのでしょうか。

税理士を決めておく!

もちろん被相続人とよく話し合いをして、トラブルを回避するように努力することが重要なのですが、依頼する税理士を決めておくという方法もあります。基本的に被相続人が亡くなってからでもよいのですが、被相続人が亡くなった場合には、葬式や志望届の提出など、やらなくてはいけないことがたくさんあります。しかも家族が亡くなったのですから、悲しい思いをしているでしょう。このようなときに的確な情報収集をするのは難しいことが多いのです。

だからこそ事前に情報収集をしておき、どの税理士に依頼するのかを決めておくとよいでしょう。これだけ事前に行っておくだけでも、いざというときにかなり役立つことは間違いありません。特に遺言書の作成はかなり結果を左右すると言っても過言ではないでしょう。人によっては弁護士を交えて遺言書を作成する人もいますが、それでも問題はないでしょう。重要なのは事前にきちんと遺言書を残しておくことなのです。