遺言信託とは?!

“相続争いを防ぐために重要なのは、生前に遺言書を作成しておくことです。法的に作成された遺言書であればその遺言書に記載されている内容で相続されることになりますので、相続人間で争いが起こることは少なくなります。遺言書の作成と内容の実現をサポートするサービスが増えており、最近では信託銀行が遺言信託というサービスを提供しています。自分が死んだ後、家族が争いごとを起こすのは不憫だと感じる方はこの遺言信託サービスを利用するケースが多いです。自分で遺言書を作成するのは実行に手間がかかり、専門家の協力が必要になってきます。ここでは遺言信託の内容についてと、利用する上で注意したい点について考えてみましょう。

【遺言信託とは?】

遺言信託は利用する本人だけではなく、残される家族のためのサービスと言っても過言ではありません。遺言書の作成サポートから保管、相続財産の名義変更、遺言を実現させる執行など相続に関わる一連の手続きをトータル的にカバーしてくれます。

【遺言信託のサービス内容とは?】

遺言信託のサービス内容は3段階に分けることができます。まず1つ目に遺言書作成です。遺言は法律的に大きな効果があります。遺言が有効な場合は、だれか1人の相続人が遺言と異なる遺産分割をすると言い出した場合、他の全ての相続人が合意しなければ認められません。遺言が一部の相続人にものすごく不公平になっている場合でも遺言書が原則として優先されるのです。相続人には遺言でも侵害することができない遺留分と呼ばれる権利はありますが、この権利を大幅に侵害しない限り、遺言が実現する可能性が大きいのです。遺言でできること、遺言書の様式は法律で細かく決められていますので、個人で法的に有効な遺言書を作成するのは非常に難しいです。そこで遺言信託サービスでは信託銀行に任せることができます。信託銀行に遺言信託を利用したいと伝えると、財務コンサルタントや担当者など専門的知識をもつスタッフが遺言書の希望、家族関係に配慮した遺言の原案を作成してくれます。原案作成までは3~6ヶ月程度はかかります。