遺言信託の費用はどのくらいなの?

遺言信託

遺言信託とは信託銀行に遺言の作成を頼むサービスです。ここでは遺言信託のサービスにはどのようなものがあるのか詳しく説明していきましょう。

公正証書遺言の作成

遺言についての事前的な相談を行った後、公正証書遺言の作成を行います。原案に納得できたら公証役場に行って、公証人に正式の公正証書遺言にしてもらいます。この時2名の証人が必要になりますが、銀行員が務めることもできます。遺言信託の契約は原則として、公正証書遺言を作成した日になります。契約をしたらその段階で作成の基本手数料を支払います。信託銀行に支払う費用は利用する信託銀行によって若干の差はありますが、三菱UFJ信託銀行では基本手数料31万5000円、遺言書管理費年間5000円、変更手数料5万2500円になっています。

遺言書の保管、管理

遺言書の保管、管理も信託銀行が行ってくれます。定期的な照会をしながら、遺言者が死亡した時点で相続人に遺言書の説明をします。照会は定期的に信託銀行の方から連絡があり、相続人が死亡した場合、相続財産内容に変更があり、遺言書を書き換える際などしっかりとサポートしてくれます。また費用は遺言の保管料が毎年かかり、内容変更をする場合にも手数料を支払うことになります。

遺言執行報酬とは?

遺言信託サービスがもっとも効果を発揮するのが依頼者である遺言者が亡くなった時です。この時遺言を実現させるのですが、遺言信託では信託銀行が執行者となって相続人との連絡、相続財産の名義変更などの手続きも行ってくれるのです。遺言信託で信託銀行に支払う金額の内最も高額になるのが、遺言執行報酬です。遺言執行報酬は100~150万円前後はかかることを覚えておきましょう。基本的には相続財産額に各行所定の料率をかけて決定されます。一般的に相続財産が数億円の場合には、数百万円の費用がかかるのです。しかし面倒な金融資産や不動産の名義変更などの手続をすべて行ってくれますし、相続人の連絡も任せることができるので便利ではあります。