空き家が招く不動産売却の実態

空き家

相続するのは現金だけではありまえん。家や土地を相続することになる方は非常に多いでしょう。必要のない家や土地は売却すればよい!と簡単に考えてしまいがちですが、意外に多いのが家や土地が売れないという状況です。ここでは家や土地が売れない時に起こる相続の落とし穴について考えてみましょう。

空き家の増加

相続した家や土地は使用しないので売却をしてお金に換えたいと考える相続人は非常に多いです。しかしそのような方に逆風が吹いています。

2013年度のデータでは空き家が全億に増えていると言われており、総住宅数に対する空き家率は13.1%にも及んでいるのです。特に10年間の空き家率の推移をみると、地方での上昇が目立ちます。地方では死亡者が出生者よりも多いことがあり、地方から都市部への人口流出が原因と考えられます。

一方で都市部でも需要と供給が安定しているように見えて、都市部からアクセスが不便な郊外の住宅地などは空き家が増えてきているのです。

不動産の相続分割でトラブルを起こす

主要な遺産が不動産に偏っていると相続人間で上手く分割することができないという状態を招いてしまいます。遺産分けをお金で調整できなかったり、相続税を納める金額が準備できなかったりするといったトラブルも起こるのです。

遺産の中に十分なお金がある人や、相続人の懐に余裕があるのであれば、不動産を相続する人と現金を相続する人で上手く分割することができます。

換価分割とは?

換価分割とは十分な現金が用意されていないために、遺産の不動産を売却してお金に換えて、その代金を相続人で分けるという方法です。この方法は相続人で揉める必要はなくなりますが、不動産の売却がスムーズに進まなければできない方法なのです。

空き家率が増えて住宅の供給が過剰になると売り手有利な市場にはなりません。なかなか不動産が売れなければ換価分割をすることは不可能なのです。先ほどお話したとおり特に地方都市では不動産売却が難しくなっています。