相続税申告!税理士の選び方を分かりやすく解説

Teamwork

相続税に強い税理士とは

相続税に強い税理士とは、節税ができます。土地評価が適正なので、相続税申告が過大になる恐れはありません。

力がない税理士は、心配なので、多めに相続税を申告する恐れがあるのです。

通常の税理士は、年間に1件相続税申告をするかどうかですから、圧倒的に処理数が違います。

相続税に強い税理士は、年間数十件おこなっていますので、税務調査がこないように、税務署が納得できる申告書作成ができるのです。

ワンストップサービスの相続税に強い税理士が重要

遺産相続というのは、相続税申告以外にも、手続きが厄介なことでも知られています。

人によっては税理士、弁護士、不動産鑑定士、行政書士、司法書士、土地家屋調査士といった専門家に依頼するようになることもあるでしょう。

このように多数の専門家に依頼した場合、面倒というだけではなく、お金もかなりかかってしまうことになります。このようなときに重要なのが税理士の存在なのです。

相続税申告を行ってくれる税理士の場合には、不動産の登記の司法書士や遺産分割協議の弁護士を紹介してくれることがあります。

もちろん全ての税理士がこのようにワンストップで紹介してくれるわけではありません。

面倒な依頼を何度も行わなくて済むようにするためには、まず相続税を専門にやっている税理士のホームページをいろいろと調べてみましょう。

このときに相続手続きがワンストップ、他の士業との連絡先が一本化しているという内容が記載されていれば安心です。

例えば、相続税申告の税理士を紹介するポータルサイトの事務所紹介ページでは、ワンストップでサービスを提供できるなどを解説しています。

【参考】相続税税理士相談Cafe

ワンストップ税理士のメリット

ワンストップ税理士事務所には、相続税以外の全て遺産相続に関する手続きなどを任せることができます。

しかし、税理士の業務は相続税申告に関することなので、遺産相続の際には相続税の申告に限られてしまうのではと思う人もいるでしょう。

なぜ税理士によっては1回の依頼で全て完結することができるのかというと、他の専門家と連携しているからです。そのため、税理士事務所に依頼すると、それだけで他の専門家が不動産の調査や診断なども行ってくれるため、1回の依頼で済むのです。

中には弁護士と連携している税理士もいるので、このような場合には万が一遺産相続でもめてしまった場合、申告書の提出期限に間に合わない場合の対処法なども任せられるでしょう。

遺産相続の際には、家族同士でトラブルにならないように、遺言書の作成を行う人もいると思いますが、遺言書に関しては弁護士に相談する人も多いと思います。しかし、このように税理士といろいろな専門家が連携していれば、遺言書に関しても任せることができるのです。

相続税に強い税理士の対応エリアを確認しておく

相続税に強い税理士を選ぶときには、信頼できて遺産相続に関する知識が十分備わっていることも重要なのですが、他にも重要なことがいくつかあります。

その1つが対応エリアです。

税理士によっては対応できるエリアが限られている場合もありますし、日本全国どこであっても対応可能という場合もあります。

せっかく情報収集をして、この税理士なら安心して任せられるだろうと思っていても、対応エリア外であれば当然依頼することはできません。

このようなことがないように、情報収集を行うとき真っ先に行っておくべきことが対応エリアの確認でしょう。

自分の住んでいる地域が対応していないのに、情報収集をしても無意味です。

このような無駄な時間を使わないようにするためには、やはり最初に確認するべきことが自分の住んでいる地域に対応しているかどうかでしょう。

税理士は、税務署に申告に行く必要があるため、より地域密着型のサービスなのです。土地の評価と相続税申告も、土地勘がないとできません。